乳腺外来・乳がん検診

診療内容

診療内容

乳房に関するさまざまな症状(しこり、ひきつり、痛み、分泌など)を中心に診療しています。また、乳腺症や乳腺線維腺腫などの検査や、乳がん検診・乳がん手術後のフォローアップなども行っています。

おっぱいのことなら何でもご相談ください

「おっぱいがなんか変だな」といった程度のことでも構いません。少しでも気になることがあれば診察にいらしてください。

「乳房が痛い」など、しこり以外の症状で診察を受けて、乳がんが偶然発見されることもあります。最近、乳がん検診を受診していない方で何か気になることがある場合は、早めの受診をおすすめします。

乳がん検診を行っています

乳がん検診を行っています

横浜市乳がん検診に加え、一般の乳がん検診にも対応しています。
万が一のときに早期発見・早期治療ができるよう、定期的に検診を受けることをおすすめします。

当院では、エコー検査とマンモグラフィ検査、2種類の検診が可能です。両方受けることで、より精度の高い診療をすることができます。

乳がん手術後のフォローアップ

他院で手術を受けた方でも受診していただけます。
傷のチェックはもちろん、定期的な検査を通じてがんが再発していないかなどのチェックを行い、手術後も安心して暮らしていけるようお手伝いさせていただきます。

授乳期の乳腺炎もお任せください

授乳期の乳腺炎は、婦人科で治療を受けられないこともあります。そういった場合も、当院の乳腺外科で対応いたしますので、我慢しないでお気軽にご相談ください。

よくある症状

こんな違和感ありませんか?
下記のような症状があれば、早めに乳腺外来の診察を受けましょう。

症状

  • 乳房に違和感や痛みを感じる
  • しこりのようなものがある
  • 乳頭から分泌が出続ける
  • 乳がん検診で精密検査を受けるようにすすめられた
  • 婦人科でホルモン療法を受けている
  • 胸に引きつりがある など

考えられる乳腺疾患

乳腺症

痛みがあるため、漢方などで炎症をおさえながら経過を観察します。

線維腺腫

良性の腫瘍(しこり)のため、経過を観察します。しこりが大きくなるようであれば切除します。

乳腺炎

熱や痛みを伴うため、漢方で炎症をおさえながら経過観察します。

乳管内乳頭腫

良性の腫瘍(しこり)で自覚症状もないため、経過を観察します。
しかし、一部がん化するケースがあるため、超音波検査で確認して必要に応じて切除します。

乳腺のう胞

良性の腫瘍(しこり)で自覚症状もないため、経過を観察します。小さいものは超音波検査でみつかるケースが多くあります。

乳がん

悪性の腫瘍(しこり)です。早期発見することができれば根治する可能性があります。
視触診、マンモグラフィ、超音波検査などで初期診断を行います。病理検査などの精密検査を行うこともあります。

乳がん検診の流れ

乳がん検診の流れ

乳がん検診では、視触診や超音波検査(乳腺エコー)、マンモグラフィ検査などの画像診断を行い、乳がんの早期発見に努めています。

触ってわかるしこりは約2cm以上といわれているので、早期の乳がん発見には画像検査が有効です。マンモグラフィ検査と超音波検査にはそれぞれ長所と短所があるため、併用することをおすすめします。

乳房に心配のある方、違和感がある方は、ひとりで悩まずご相談ください。

問診

月経周期や妊娠・出産歴、病歴、家族歴、また気になる症状などを教えていただきます。

視触診検査

乳房にしこりや変形、陥没、分泌物がないかを、医師がチェックします。

画像検査

来院いただいたその日に画像検査を行います。

超音波検査(エコー検査)

超音波を発する機器を乳房に当て、反射された音波を画像化して、乳房内部の様子をうつし出します。

マンモグラフィ(X線検査)

乳房専用のX線撮影装置を用いた検査です。

診断結果

その日のうちに診断結果をお知らせいたします。検査画像を見ながら状態をご説明し、乳がんの疑いがあると判定された場合は、専門医による精密検査を受けていただきます。

視触診検査

乳房にしこりや陥没、変形、異常な分泌物がないか、リンパ節のはれがないかをチェックします。

メリット デメリット
しこりを見つけることで、がんを発見できる可能性がある。針を刺す検査や薬の使用がないため、身体に負担がかからない。 視触診だけでは、早期の小さな乳がんを十分に発見することができないので、マンモグラフィや超音波検査と併用することが前提となる。

超音波検査(エコー検査)

体にゼリーを塗り、プローブと呼ばれる機械を当て、画像を見ながら診断を行います。超音波は、触診では確認できない小さなしこりを見つけ出すことができます。

メリット デメリット
針を刺したり、放射線を当てたり、薬を使用したりしないため、身体への負担が軽い 特になし
放射線被ばくを避けたい妊娠中の方でも検査が可能
乳房の圧迫(マンモグラフィ)に耐えられない方に適している

マンモグラフィ検査

マンモグラフィは、乳房を2枚の板にはさんで圧迫して撮影します。
乳がん初期の石炭化や腫瘍などを見つけることができます。

メリット デメリット
早期乳がんの唯一のサインとなる「石のような石灰化」を鮮明にうつし出すことができる 放射線被ばくがあるため、妊娠中の方には使用できない
乳腺の全体像をうつすため、左右の比較ができる まれに乳腺組織が真っ白にうつって初期の乳がんが見つけづらい場合があるため、超音波検査との併用がおすすめ
乳房が大きくて深部まで超音波が届かない方でも確認が可能

横浜市のマンモグラフィ併用乳がん検診も受けられます

検査は、視触診とマンモグラフィ撮影の両方を行います。

横浜市乳がん検診の対象条件

  • 横浜市在住
  • 40歳以上
  • 2年に1回(毎年は利用できません)

※無料クーポン券をお持ちでない方でも、自己負担1,370円で受診することが可能です。
※70歳以上の方は生涯無料で受診できます。
※横浜市の乳がん検診の受診には予約が必要です。必ず事前にご連絡をお願いいたします。
※横浜市乳がん検診で異常が発見された場合、その場で保険診療に切り替えることもあります。

母乳外来

不定期ではありますが、助産師が母乳に関するご質問に答えたり、おっぱいマッサージを行ったりしています。

診療日

  • 火曜午前
  • 金曜午前
  • 月曜午前(隔週)

おっぱいのことで気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

ご予約・お問合せ
はお気軽に

瀬谷駅徒歩1分
せやクリニックでは幅広い診療を行っております。

pagetop