内視鏡検査

内視鏡検査とは

内視鏡検査とは

食道や胃、十二指腸を直接カメラでみることで、胃がんなどを早期発見することができます。
またピロリ菌感染の診断も行うことが可能です。

肛門からカメラを挿入して大腸を検査する「大腸内視鏡」もありますので、大腸がんの検診などにも対応しています。

当院では、保険診療内で内視鏡検査を行っています。

より安心して検査を受けていただくために

当院では、より快適により安心して検査を受けていただけるよう、大腸内視鏡は麻酔を使用して検査を行います。

経鼻内視鏡では麻酔をしないことが多いですが、患者さんのご希望や状態に応じて麻酔を使用することもできます。不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

経鼻内視鏡検査で行う利点

  • 鼻からファイバーを入れるため、オエッとくる反射嘔吐が少なく、痛みがほとんどありません。
  • 麻酔をしないため、検査後に休みをとる必要がなく、すぐに帰ることができます。

検査日

経鼻内視鏡検査

月曜・火曜・金曜・土曜の午前中

大腸内視鏡検査

火曜・土曜の昼頃

経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査

当院では、痛みが少ない苦しくない経鼻内視鏡を完備しています。
経鼻内視鏡とは、鼻からカメラを入れて胃の中の検査するための機械です。

※鼻からの挿入が苦手な方は、口からの挿入に変更することができます

胃がんリスクを軽減

胃がん以外にも、潰瘍やポリープなど胃の炎症が起こる場合もあります。早い段階でこれらを発見するには、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)で診断することが不可欠です。
胃内部に病変があった場合には、検査時に組織を取り、検査をすることも可能です。

ピロリ菌検査と除菌で、胃がんの予防

経鼻内視鏡で胃の粘膜組織を少し採取して検査することで、ピロリ菌感染の有無を判断します。
その後、必要であれば除菌を行い、きれいな胃にしていきます。

ピロリ菌とは

ピロリ菌は胃の粘膜に張りついて毒素を出す細菌で、慢性胃炎を起こす原因にもなっています。

「ピロリ菌陽性の方は、陰性の方の数倍も胃がんの発生率が高い」といわれています。また、ピロリ菌が長い間胃の中にいると、慢性胃炎や萎縮性胃炎を引き起こしたり、胃がんや十二指腸潰瘍の原因になったりするとされています。

最新の経鼻内視鏡機器

当院では、従来の機器よりも画質が向上した最新の経鼻内視鏡(FUJIFILM社製最新機器のCCDハニカム)を使用しています。

特徴

  • 検査の画像がきれい。
  • より検査を楽に行うことができる。
  • 胃カメラには、小指の先より細く柔らかい5.9mmの細径ファイバーを使用している。
  • ファイバーは鼻からスルッと入るため、舌根を刺激することがない。そのため、オエッとくる反射嘔吐が少なく、痛みもほとんど感じない。
  • 新設計のレンズと高解像度で、2倍近く太い経口内視鏡に匹敵する画質を実現している。
  • 視野角を経口内視鏡と同じ140度に拡大できるため、わずか3mmの近接撮影も可能。
  • 周辺部まで明るい高精細な画像によって、視認性が大幅に向上している。

大腸がん検診とは

大腸内視鏡検査では、大腸の一部や小腸にできた将来がん化する可能性のあるポリープを診断・切除することができます。がんになる可能性の高いポリープを事前に切除することにより、早期発見以前に、がんのリスクを軽減させ予防することができます。

横浜市大腸がん検診に対応しています

横浜市大腸がん検診の対象条件

  • 横浜市在住
  • 40歳以上
  • 1年に1回(毎年受診可能)

※現在、大腸疾患で治療中の方は対象外です。
※無料クーポン券をお持ちでない方は、自己負担600円で受診可能です。
※70歳以上の方は生涯無料で受診できます。

横浜市大腸がん検診の検査内容

一次検査

便の中に血が混じっているかを調べる「便潜血検査」を2回行います。この検査で異常が見られた場合は、2次検査を受けることになります。

二次検査

大腸内視鏡検査、もしくは大腸バリウムによる検査を行います。
(※大腸内視鏡検査は当院で受けることが可能)

ご予約・お問合せ
はお気軽に

瀬谷駅徒歩1分
せやクリニックでは幅広い診療を行っております。

pagetop