脳神経内科

脳神経内科は何を診察する科なのでしょうか

脳神経内科は何を診察する科なのでしょうか

脳神経内科は、脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。
精神科と混同されることもありますが、心の病気を診療する精神科とは異なります。

具体的には、めまいや頭痛といった身近な症状から、認知症や脳卒中、パーキンソン病、末梢神経障害などの病気まで、さまざまな病気をみることができます。

脳神経外科でよくある症状

以下の症状がある方は、脳神経外科の受診をおすすめします。

  • もの忘れが気になる
  • めまい(ゆれる、ぐるぐるまわる)
  • 頭痛
  • 歩きにくい
  • ふらつく
  • つっぱる
  • ひきつける
  • 手のふるえ
  • しびれ
  • 力がうまく入らない
  • 咀嚼が弱い(嚥下が困難) など

このような症状がある方は、一度脳神経内科を受診してみてはいかがでしょうか。

当院では、

  • 軽度の認知障害や認知症がある方に向けた「もの忘れ外来」
  • 頭痛やめまいを中心に診療する「頭痛・めまい外来」

を専門とする外来を設置しております。

また、パーキンソン病の患者さんや、脳卒中の予防が必要な患者さん、後遺症を抱える患者さんの受け入れも可能です。

副院長は、神経内科専門医、認知症専門医です。
脳神経内科の診療時間であればいつでもお受けいたしますので、お気軽に受診ください。

もの忘れ外来

もの忘れ外来

もの忘れ外来では、認知症による症状の進行を遅らせるための治療はもちろん、認知症患者さんへの対応の仕方など、ご家族の方へのサポートも行っております。
もの忘れでお悩みの方や、ご家族に心配な方がいらっしゃる方は、当院の脳神経内科へお越しください。

認知症の症状

  • 短期の記憶が悪くなる(その場の受け答えはできるが、直前のことを忘れる)
  • いつも探しものをしている
  • 同じ動作を何度も行う
  • 同じものを何度も買ってくる など

検査

診察と心理検査(問診)を行います。
必要に応じて、当院がご紹介する総合病院で、MRI検査や核医学検査などの画像検査を受けていただきます。

※他院での検査は受診のみです。検査結果は当院でお伝えします。
検査結果を総合的に判断して、それぞれの患者さんに合った治療方針を立てていきます。

治る認知症かも?

認知症の中には、正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫などが原因で起きているものもあります。
脳の病気が原因であれば、手術などで認知症が治る可能性があります。

認知症の症状がある場合には、まず何が原因なのかを丁寧に調べることが大切になります。当院では、脳の中に病気がないかどうか、必ず画像を行った上で診断をしています。

治療

投薬治療を行います。

「認知症は完治が不可能」といわれていますが、薬物治療で症状の進行を遅らせることができるかもしれません。そのため、ご家族の行動で気になることがあれば、早めの受診をおすすめします。

頭痛・めまい外来

頭痛・めまい外来

頭痛やめまいといった身近な症状も、脳神経内科の領分の場合があります。
当院は内科もありますので、頭痛やめまいでお悩みの方はまずはご相談ください。

「どちらの診療科なのか」ということは気になさらなくて大丈夫です。
「頭が痛いので来ました」「めまいがあるので来ました」と来院いただければ、適宜、診察いたします。

頭痛・めまいの症状

  • 頭が痛い(ズキンズキン)
  • 目の奥が痛い
  • 常に頭痛がする(片頭痛持ち)
  • めまいがする(ぐるぐるまわる、ゆれる)
  • ろれつが回らない
  • しびれる 
  • 手に力が入らない など

検査

問診を行います。必要に応じて、当院がご紹介する総合病院で、画像検査や血液検査を受けていただく場合もあります。

治療

問診と検査結果をもとに総合的に判断し、個々の患者さんに合った治療で症状の改善を目指します。
治療は投薬治療だけではなく、適切な睡眠や食事、アルコール摂取、運動を取り入れるなど、日々の生活を見直すためのアドバイスもいたします。

パーキンソン病

脳神経内科では、パーキンソン病の診察も行っています。
パーキンソン病は、脳内のドーパミンという物質を出す細胞が減ってしまう病気で、脳神経内科で扱います。
難病というイメージがありますが、現在は薬物治療で大幅に症状を改善することができるようになってきています。そのため、生命予後も改善し、病気のない人とあまり変わらなくなってきています。

パーキンソン病では手術療法を行うことがありますが、その場合は必要に応じて近隣の総合病院をご紹介しています。

よくある症状

  • 顔が無表情
  • 歩きだすと止まれない (つんのめり歩行) など

脳卒中

脳卒中の症状

  • 急に手足が動かなくなる
  • 感覚が麻痺する
  • 言葉がうまく話せなくなる
  • 理解はしているけれど 喋れない(言語障害)
  • 意識がなくなる など

脳卒中の検査

必要に応じて、「瀬谷ふたつ橋病院」でMRI検査、CT検査などの画像検査を受けていただきます。
(※検査結果は、当院でお伝えいたします。)

脳卒中の治療方法

検査結果を総合的に判断して、それぞれの患者さんに合った治療方針を立てていきます。

脳卒中は命にかかわる病気ですが、予防には血圧コントロールと血液の流れをよくすることが大事です。当院では、診察、薬物治療、生活指導を必要に応じて行っています。

ご予約・お問合せ
はお気軽に

瀬谷駅徒歩1分
せやクリニックでは幅広い診療を行っております。

pagetop